本文へ移動

中心市街地活性化協議会

活性化事業の内容と範囲

事業内容の基本的考え方

商店街の一体的な発展が図れるよう、事業推進を図っていきます。
①消費者の利便性の向上を図るため、商業施設とともに、駐車場などの商業基盤施設の整備、充実に努めます。
②ハード事業とともに、イベント等の特色あるソフト事業を併せて展開することで、魅力ある商店街の創出を図っていきます。
③徳山駅周辺整備事業を推進し、再開発事業等の商店街との連動を図っていきます。

1.「回遊性」と「利便性」を高める事業

(1)花と緑の空間創出事業
 
①事業目的
中心市街地に商店街に花と緑にあふれた快適空間を創出し、訪れる人に安らぎと交流の場を提供する。特に、デザインで演出したやすらぎ空間を整備する。
②実施主体
商業等活性化推進室・商店街
③ 実施時期
平成23年度
④ 事業内容
各商店街に季節の花を植え、商店街のイメージを向上させる。また、ポッケトパーク的な空間や案内板を整備する。
⑤ 事業効果
商店街の明るく、美しいイメージづくりができるとともに、安らぎの空間をつくることにより、まちの魅力を高めることが出来る。
 
(2)商店街ユニバーサルデザイン化促進事業
 
① 事業目的
誰もが安心して、楽しく買い物をできる環境を整備し、ひとにやさしい親しまれる商店街づくりを行う。
② 事業主体
商業等活性化推進室・商店街
③事業内容
・段差の解消や標識の改善など、バリアフリー化を促進する。また、各商店の改善についても推進していく。
・バリアフリー化を促進するにあたり、産学連携し、より魅力的な商店街を目指していく。
④ 実施時期
平成23年度
⑤ 事業効果
高齢者、障害者の利用者だけでなく、全てのひとに使いやすい施設にすることにより、来街者の増加を図るとともに「人にやさしい商店街」がアピールできる。

2.地域の特徴」と「商店街の特性」を活かした事業

(1)まち輝き活動団体育成事業(周南市)
 
①事業目的
市民団体などが中心市街地で実施する活動を育成するとともに、中心市街地の活性化や安全性の向上を図る目的で、活動に必要な経費の一部を補助。
 
「まち輝き活動団体育成事業」補助金申請の手引き

3.市民生活をサポートする事業

交流拠点施設運営事業
 
①事業目的
コミュニティ施設「ふれあいパーク街あい」を街なかの交流拠点として、中心市街地の活性化を図る。
②実施主体
商業等活性化推進室
③ 実施時期
平成23年度
④ 事業内容
・街なかに望まれる機能の充実を図る。
(施設内容)
 ☆案内所、休憩所(トイレ等)
 ☆会議室の貸し出し
 ☆あかちゃんの駅
 ☆ベビーカートの貸し出し
 ☆インターネット
 ☆BOX・SHOP (現在48ブースで運営)
・産学連携を進めるとともに、各種団体と連携した取り組みを実施し活性化を図る。
⑤ 事業効果
施設機能を充実させることで、来街者からのニーズに応えることができ、魅力ある商店街を創造できる。産学連携した各種イベントを開催することで、来街者と商店街の交流が生まれ、賑わいの創出を図ることができる。

4.新たな機能の導入と望ましいテナントミックスの実現

(1)テナント・ミックス推進事業
 
①事業目的
商店街に不足しているテナントの誘致やチャレンジショップ、新規起業家を支援することにより、
魅力と活気のある商店街を創造する。
②実施主体
まちづくり会社「㈱まちあい徳山」と連携し、「まちなか出店サポートセンター」を開設し運営。
③実施時期
平成23年度以降
④事業内容
  新たな事業に取り組む、起業家を支援する。
・テナントミックス事業
  商店街に不足し、街づくりのコンセプトにあった業種・業態のテナントを誘致する。
⑤事業効果
特色ある個店が増加することにより、商店街に賑わいと魅力が生まれる。

周南市中心市街地活性化協議会

TOPへ戻る