ジョブ・カード制度

ジョブ・カード制度とは?

正社員の経験が少ない求職者などが、登録キャリア・コンサルタントの支援を受けて職務経歴や教育訓練歴、取得資格などの情報をまとめて「ジョブ・カード」に記載することにより、自らの職業能力を客観的かつ具体的に提示し、求人企業とのマッチングを促進するものです。
ジョブ・カード制度では、正社員の経験が少ない求職者などに対して、企業での実習(OJT)と教育訓練機関等での座学(OFF-JT)を組み合わせた有期実習型などの職業訓練(職業能力形成プログラム)を提供します。求職者は、企業や教育訓練機関等で実務経験を積むことによって職業訓練を修得し、企業による評価を得て就職活動に活用できます。

ジョブ・カード制度の職業能力形成プログラム

chart_program.gif

ジョブ・カードセンターとは?

「ジョブ・カード制度」の普及を推進するため、日本商工会議所に「中央ジョブ・カードセンター」を、全国47都道府県においては、都道府県庁所在地商工会議所等に「地域ジョブ・カードセンター」を設置しています。
さらに、各都道府県内においては、地域ジョブ・カードセンターの拠点として「サポートセンター」を70ヶ所設置しています。

徳山商工会議所は、ジョブカードサポートセンターとして徳山・下松・光・新南陽地区を管轄しています。

詳しいお問い合わせは、
 
徳山商工会議所:0834-21-7896
ジョブ・カード事業 日本商工会議所